失敗しない収益物件術~成功させるための注意点~

不動産案内

注意するべき2つのこと

集合住宅

大阪で収益物件を購入する際には、自己資金に合った物件を購入することと立地を厳選することが重要です。自己資金に合った物件を購入することで、適切なレバレッジ効果を得ることができます。立地を厳選することで、長期間に渡って安定した家賃収入を得ることが可能です。

» 詳細へ

今後の動きに注目しよう

不動産

銘柄が充実しています

上場不動産投資信託の銘柄が50を超えてきました。銘柄の特徴もはっきりとしてきており、バラエティーに富んだラインナップとなっています。上場不動産投資信託とは不動産投資信託のうち、株式市場に上場されているものを言います。多くの投資家にしっかりとした情報開示を行う必要があるため、IRもきちんと公開されています。最近では、物流施設を専門的に扱う銘柄やホテルに集中投資をする銘柄が上場されています。また、有料老人ホームや介護施設等を運営する銘柄もしばしば上場されています。今後、上場不動産投資信託で注目すべき点は海外の収益物件をどのように組み込んでくるかということです。すでに海外の収益物件を取り込んでいる銘柄もありますが、まだ1銘柄のみです。

海外物件に注目です

成長著しい海外エリアの収益物件を取り込むことができれば、上場不動産投資信託はさらに発展する余地があります。経済成長と共に不動産価格が上昇するからです。個人で海外の収益物件を購入して不動産投資をするということは、かなりハードルが高いですが、上場不動産投資信託であれば、投資家に代わって運用会社が全て行ってくれるので、簡単に間接投資をすることができます。外資系の企業が運営する上場不動産投資信託もいくつか見られるようになってきたため、近い将来、海外の収益物件のみだけで運用する上場不動産投資信託が登場しても不思議ではありません。不動産投資を行っているのであれば、今後の上場不動産投資信託の動きにも注目をしておきましょう。

魅力ある投資対象とは

街

アパートの投資物件としての魅力は、複数の部屋を保有することによる空き部屋リスクの分散が挙げられます。また老朽化した場合にも、予算さえあれば建て替えを行える点と土地を資産として保有できることが特徴となります。

» 詳細へ

利回りが重視されます

マンション

収益物件の買取価格は賃料収入をベースにした利回りを基本に算定されます。しかし、路線価などの土地の価格も無視できません。更に現況も重要であって、入居率と周辺相場と比較した賃料水準は重要な指標になります。

» 詳細へ